交通事故と慰謝料

日本の社会を見てみると、交通事故の被害件数はなくならないことがわかるでしょう。自分が事故に遭うということは想像ができないことではありますが、だれでも可能性があるのは間違いありません。交通事故にあってしまったときには。その後の対応を考えていく必要があります。いろいろなことを考えなければなりませんが、慰謝料の請求をすることも出てくるでしょう。物損事故では慰謝料は発生しませんが、人身事故であれば精神的な苦痛を受けたということで、請求できるようになっていきます。ですが、この交渉を自分でするのは、困難を極めていきます。保険会社がしっかりと対応してくれると思っていたら、びっくりするほど低い金額が提示されたというのもよくある話だからです。

交通事故被害者として考えていくと、交通事故に遭わなかったら、何も心配せずに生活していたかもしれません。それを加害者の行動が壊してしまったのですから、正当な慰謝料を請求する権利があります。ところが、その評価にはいろいろな思惑が絡んでおり、思っているような金額にもなっていかないのが現状です。交渉しなければいけないのも事実ですが、相手は専門家であるという事実は重くのしかかってくるでしょう。

弁護士に相談して進めるのも、慰謝料を請求するためには重要になってきます。黙って待っていても、相手はこちらの意図をくみ取り変化するわけではありません。どうしても納得がいかないようなときには、参考にしながら弁護士に相談してみるのが、もっとも有効な道となるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket