慰謝料の算定基準

交通事故に遭ったときに請求できる慰謝料とは、精神的な苦痛を意味しています。肉体的なケガだけではなく、交通事故にあってしまったことによって、さまざまな苦痛を受けることになるでしょう。精神的な部分であることから、評価は非常に難しいものになってしまいます。どうやって算定していくのか、わかりにくいところになってくるからです。

算定基準わかりにくいというだけでは済まないため、保険会社は自分たちが利用できるような基準を作りました。これが算定基準と呼ばれるものです。保険会社の立場で作られたものであり、これぐらいなら支払うことができるといった基準と考えることができるでしょう。ですが、ここでよく考えていかなければいけないのは、保険会社の立場での基準であるというところです

被害者の立場ではない、保険会社の立場で支払える金額というところになるでしょう。もちろん、被害の状態などを含めて計算はされていますが、保険会社はあくまでも営利企業です。利益をあげなければいけないため、慰謝料は最小限度に抑える必要があります。これでは納得がいかないのも当然でしょう。そこで、しっかりと交渉をしていくためにも、弁護士に依頼する必要が出てくるのです

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket