弁護士に委任する意味

保険会社の算定基準は、利益も出すことが念頭に置かれています。赤字になってしまえば、保険会社はつぶれてしまうことになるからです。ですが、実際に裁判になるとはるかに高額の慰謝料請求ができることも珍しいことではありません。ほとんどの場合には、大きな差がついてしまうのですから、もっと認められるものであるといえるでしょう。

弁護士ところが、裁判にまで発展すれば、大きな負担が待っています。相手は保険のプロであり、交通事故案件を常に扱ってきている企業です。その担当者を相手に交渉していくだけでも辛いことなのに、裁判ともなれば、さらに負担が増えることになるでしょう。保険会社のほうでもわかっていますので、これを落としどころとして狙ってくるようになるのです。保険会社としても、長引くのは得策ではありませんので、どこかでけりをつけに出てきます。被害者としても疲弊してしまうことになるため、納得しなくても終わりにしたいと思うでしょう。

弁護士に慰謝料の交渉を依頼すると、こうした落としどころが変わってきます。自分で交渉する必要もないのですから、疲弊するといったこともありません。交渉の専門家に委任するのは大きな意味があるのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket